“凡尔赛文学”是什么意思?日语怎么说?
北京攀达日语培训学校
攀达日语 首页 日语学习 初级 查看内容

“凡尔赛文学”是什么意思?日语怎么说?

2020-11-25 16:09| 发布者: admin| 查看: 218| 评论: 0
摘要: 最近,“凡尔赛文学”火得一塌糊涂,注意~~此“凡尔赛”并非那个法国城市哦,如下:凡尔赛文学——网络热词,指通过先抑后扬、自问自答或第三人称视角,不经意间露出"自己想要炫耀的东西"。虽然“凡尔赛文学”是 ...
最近,“凡尔赛文学”火得一塌糊涂,注意~~此“凡尔赛”并非那个法国城市哦,如下:


凡尔赛文学——网络热词,指通过先抑后扬、自问自答或第三人称视角,不经意间露出"自己想要炫耀的东西"。

虽然“凡尔赛文学”是近期才彻底火起来的,但互联网是有记忆的,神通广大的网友们也找到了三位“凡尔赛文学”的“先驱者”(马云的最经典),不得不说,这几位才是真的经典。

下面就给大家举几个“凡尔赛文学”用日语表达的例子!


比如《武林外传》中的韩娟(如上图):崑崙流派の嫁になってから、人生はつまらなすぎるわ。世間から見ればいい生活せだが、実際はね、外出する時はメンツがあって、手持ちが多くて、生活が快適かいてきで、それ以外のいいところ何一つもないわ。


再比如“芳心纵火犯”撒贝宁(如上图):私は北京に行きたいから行ったんじゃない、北京大学に推薦入学されたからだ。北京大学はまあまあいい大学だし、もし清華大学の合格通知書が届とどいたら、人生は終わりだ。


毎年、センター試験の時期になると、心のどこかが痛い。なぜなら、受験した経験がないから。受験したら、行きたい大学を自由に選べる。でも推薦生になったら、大学を選ぶ権利も失った。


最后是乡村教师马云(如上图):私はアリババを創業してから、給料を一ヶ月も貰わなかった。お金か触ったこともないし、興味もない。

哈哈哈,以上三位真是“老凡尔赛人”了吧!

有朝一日,小编也想表达出“凡尔赛文学”体,哈哈~

路过

雷人

握手

鲜花

鸡蛋

相关阅读

日语学习专线

18610552407(微信同号)
点击这里给我发消息

关注微信公众号

Copyright  ©2015-2020  北京攀达日语培训学校  北京市朝阳区大望路SOHO现代城A座1511室  010-85175431  网站地图     ( 京ICP备15015958号-2 )