《打上花火》日版完整歌词
北京攀达日语培训学校
攀达日语 首页 日语学习 中级 查看内容

《打上花火》日版完整歌词

2020-8-31 20:52| 发布者: admin| 查看: 1579| 评论: 0
摘要: 《打上花火》是米津玄师的一首神作,好听到无法用言语来形容,该篇一起来欣赏这谜一样的日版歌词!《打上花火》歌手:DAOKO、米津玄師あの日(ひ)見(み)わたした渚(なぎさ)を今(いま)も思(おも)い出(だ)すんだ砂(すな ...
《打上花火》是米津玄师的一首神作,好听到无法用言语来形容,该篇一起来欣赏这谜一样的日版歌词!


《打上花火》

歌手:米津玄師


あの日(ひ)見(み)わたした渚(なぎさ)を

今(いま)も思(おも)い出(だ)すんだ

砂(すな)の上(うえ)に

刻(きざ)んだ言葉(ことば)

君(きみ)の後(うし)ろ姿(すがた)

那天所眺望的海岸

直至今日仍能想起

在沙滩上刻下的话语

和你的背影



寄(よ)り返(かえ)す波(なみ)が

足元(あしもと)をよぎり

何(なに)かをさらう

夕凪(ゆうなぎ)の中(なか)

日暮(ひぐ)れだけが

通(と)り過(す)ぎてゆく

涌动的波浪

掠过脚边究竟掠走了什么

风平浪静之中

只有黄昏悄悄地流逝



パッと光(ひか)って咲(さ)いた

花火(はなび)を見(み)ていた

きっとまだ

終(お)わらない夏(なつ)が

曖昧(あいまい)な心(こころ)を

解(と)かして繋(つな)いだ

この夜(よる)が続(つづ)いて

欲(ほ)しかった

光芒怦然绽放

烟花映入眼帘

一定是夏天还未结束

将暧昧的心结解开再紧紧相连

愿今夜永不结束



あと何度(なんど)君(きみ)と

同(おな)じ花火(はなび)を

見(み)られるかなって

笑(わら)う顔(かお)に

何(なに)ができるだろうか

还能与你一起看几次

同样的烟花呢

面对你的笑容 

我又能做些什么呢



傷(きず)つくこと喜(よろこ)ぶこと

繰(く)り返(かえ)す

波(なみ)と常道(じょうどう)

焦燥(しょうそう)

最終列車(さいしゅうれっしゃ)の音(おと)

受伤亦或是喜悦

浪来浪去与情动

焦躁 响起了末班列车的声音



何度(なんど)でも言葉(ことば)にして

君(きみ)を呼(よ)ぶよ

波(なみ)を選(えら)びもう一度(いちど)

もう二度(にど)と悲(かな)しまずに

済(す)むように

无数次用言语呼唤着你

向着海浪 再一次

祈祷不再感受那份悲伤



ハッと息(いき)を呑(の)めば

消(き)えちゃいそうな光(ひかり)が

きっとまだ胸(むね)に住(す)んでいた

手(て)を伸(の)ばせば触(ふ)れた

あったかい未来(みらい)は

ひそかにふたりを見(み)ていた

呼吸骤然停滞

那快要消失的光芒

一定仍留存在心中

伸出手就能触及

那温暖的未来

默默地守望着两人



パッと花火(ひなび)が

夜(よる)に咲(さ)いた

夜(よる)に咲(さ)いて

静(しず)かに消(き)えた

離(はな)さないで

もう少(すこ)しだけ

もう少(すこし)しだけこのままで

怦然绽放的烟花

在夜空中绽放后

在夜空中绽放后

又静静地消失

请不要离开

再给一点点时间

再给一点点时间

就这样一直



あの日(ひ)見(み)わたした渚(なぎさ)を

今(いま)も思(おも)い出(だ)すんだ

砂(すな)の上(うえ)に

刻(きざ)んだ言葉(ことば)

君(きみ)の後(うし)ろ姿(すがた)

那天所眺望的海岸

直至今日仍能想起

在沙滩上刻下的话语

和你的背影



パッと光(ひか)って咲(さ)いた

花火(はなび)を見(み)てた

きっとまだ

終(お)わらない夏(なつ)が

曖昧(あいまい)な心(こころ)を

解(と)かして繋(つな)いだ

この夜(よる)が続(つづ)いて

欲(ほ)しかった

光芒怦然绽放

烟花映入眼帘

还未结束的夏天 一定会将

暧昧的心结融化相连在一起

愿今夜永不结束

《打上花火》日版完整歌词介绍完毕了!

路过

雷人

握手

鲜花

鸡蛋

相关阅读

日语学习专线

18610552407(微信同号)
点击这里给我发消息

关注微信公众号

Copyright  ©2015-2020  北京攀达日语培训学校  北京市朝阳区大望路SOHO现代城A座1511室  010-85175431  网站地图     ( 京ICP备15015958号-2 )